第208回定期演奏会の開催可否判断について

10月15日追記:第208回定期演奏会は中止となりました。詳しくはこちらをご覧ください。

 当団は1916年の発⾜以来、皆様のご⽀援のもとで年2回の定期演奏会を⽋かすことなく開催して参りました。⽇本を代表するアマチュア・オーケストラとして成⻑し、市⺠社会における⽂化活動の⼀翼を担ってこられたのも、皆様のご理解とご⽀援のおかげです。

 本年は新型コロナ・ウイルスの影響で、課外活動に制限がかかっていることについてはご存知のとおりです。当団の活動もその例に漏れるものではございません。現在、当団も活動再開に向けて、科学的実証データに基づき、感染拡⼤を防⽌しながら練習を⾏う術を模索しております。しかしながら、京都⼤学の規制⽅針が段階的に緩和されているとはいえ、他⼤学の学⽣の団員と共同で課外活動を⾏うことについては今なお禁⽌されています。

 当団の活動がこれまで⾼い⽔準を維持できたのは、所属にかかわらず関⻄圏の各⼤学から広く団員を募り、相互に技術指導をしあいながらアンサンブル能⼒を⾼めてきたからです。この切磋琢磨の過程を経て、卒団後プロの⾳楽家として活躍する者もおり、当団は⽂字どおり関⻄の⾳楽⽂化発展の拠点となってきたと⾃負するところです。

 それゆえに、本学学⽣のみで半期の活動およびその成果としての定期演奏会を実施する場合、客演指揮者の指導に応えることができず、お客様のご期待に沿うこともできないと⾔わざるを得ません。当団の歴史を汚すものとなります。したがいまして、10⽉15⽇までに学外⽣を含めた全団員での練習が認められず、団としての練習が再開できない場合、やむを得ず、第208回定期演奏会を中⽌いたします。

 以上、断腸の思いではございますが、よろしくお知りおきください。当団は、最後の最後まで全⾝全霊を傾けて、活動再開と定期演奏会開催を求めて諸⽅⾯と話合いを続ける所存です。今後とも、我々京都⼤学交響楽団へのご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

令和2年9⽉28⽇

京都⼤学⾳楽部交響楽団 208期総務 ⽥中 昌平

京都⼤学⾳楽部交響楽団 ⾳楽部⻑ 依⽥ ⾼典